週刊☆少年リトル - 桃色吐息 -
TOP > CATEGORY > 桃色吐息
TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


COMMENT


21の恋 3 -ウンコ、地震とムスメ-  

2008年12月24日 ()
今日の話はもしかするとR指定とかしなきゃならんかな?
生まれて初めて見たR指定の映画(ビデオ)は日本人ではありませんでした。
リトルリンクです。


(友達のアニキのでした…決してオイラの趣味じゃアリマセン)



さて、今日も前回の話の続きです。
最初から読む人はコチラから♪



出発の日までの間、僕達二人の仲は急速に悪くなっていて、正直このまま二人で向っても何しに行くのか、何のために行くのかわからない状態にまでなっていました。

でも、アムロ1号も「もう行かない」とは言わず、僕もそれを口にしちゃいけないような、そんな変な雰囲気になっていたのです。もしかすると、二人とも何かのきっかけを作ろうとしていたのかも知れません。

二人きりでの初めての旅行。僕の地元では、友人達が僕とアムロ1号を出迎え、みんなで一緒にわいわいと飲み会でもしようということになっていました。この時点で僕の実家へ行く計画はなくなっていました(笑)

空港でアムロ1号と待ち合わせ、二人で飛行機に乗り込みます。本当なら、こんな場面には満面の笑みがあるのでしょうが、僕達二人は言葉さえ少なげです。「地元の友人達と一緒に騒げば、何かが変わるかも知れない。」僕はそんな期待を心のどこかでしていました。

そして、僕の地元仙台へ到着。石川県からは1時間程度のフライトです。
到着がお昼だったので、先に向えに来てくれた友人二人がお出迎え。昼ごはんを一緒に食べ、それからは仙台市内をブラブラし、夕方には他の友人達も合流して居酒屋へ。

居酒屋でも僕とアムロ1号はとなりに座ってはいるものの、やっぱり心の距離はちょっと開いたまま…  それは二次会のカラオケに行っても変わりませんでした。



やがて宴も終わり、友人達はそんな僕ら二人を『とある場所』へ放置し帰りました。


まあ、僕の日記を読みに来ている方であれば、この『とある場所』を改めてダイレクトに表記しなくてもわかるはずだと思います。











まあでも一応書いときます。(ぇ










ラブホです。












ラ・ブ・ホ・テ・ルです。


憎い演出でしょ。 でもね、実際オイラとアムロ1号はとまどっちゃったわけですよ。
「オイラ達をラブホに置いてけぼりにして、一体何させようとしてるんですか?まさか情事の内容を原稿用紙3枚に詳しく書いて提出しなさいとかですか?」みたいな。

でももう時間も遅いし、とりあえず僕らは部屋に入りました。
で、時間ばかりが過ぎて行きます。何をするでもなくいるわけですが、そのうち二人とも、もう童貞でも処女でも無いのに、もじもじモジモジしちゃってるわけです。

この辺りから僕の頭の中では、アムロ1号に言われた「ちゃんとシようよ!」って言葉ばかりがよぎっていました。一応二人ともお風呂はすませてて、背中を向けてはいましたが、ベッドの中にいます。こんな時って時計の針の音がやたら大きく聞こえるんですよね(笑)


そして、意を決した僕は、何も言わずアムロ1号に





















覆いかぶさりました。
キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!





























と、何故かそのとき




















「ぐぅ~ ぎゅるるる…」
僕のお腹がなります。














「くっ…こんな時に…」





















ええ、便意です。

もうね、下痢症に僕を産んでくれた親を何度も何度も怨みましたよ(ぇ


「あ、ごめん、ちょっとトイレ行って来る…」
「…」


アムロ1号は無言です。ってか、小さく「ダセぇ…」って聞こえたような気もします。
でも、こればっかりはどうしようもなく、オイラはトイレに駆け込みます。
そして、ことを終え、しっかりとお尻を洗い、また部屋へ戻りました。

アムロ1号はベッドに横になったまま。
僕は少しビビりながらその横へ寄り添うようにベッドへ入りました。



















「んっ…」


















静かな部屋の中にアムロ1号の声が響きます。








そして、揺れる二人の影。
















「ん…」















「んんんっ?」























「揺れてるよね?」





「うん、なんか揺れてる…」
















地震です。


もうね、コレで決まりました。アムロ1号はオイラのうんこで散々シラけてて、オイラはそれをわかっていただけに散々迷ったあげく、最後の最後の賭けに出たわけですが天災には勝てません。この後の話はもう書くのも嫌なくらいです。

ただ背中向けて寝るアムロ1号。どうしようもないオイラも寝るしかなく…
次の日は、とりあえず帰らなきゃいけないので最低限の会話はするものの、飛行機の中なんてずっと無言…。


空港へついた二人が無言で別れたのは言うまでもアリマセン。












その後、アムロ1号とは全然連絡を取りませんでした。
僕からする勇気もなかったですし、向こうだって言うことは何ももう無かったと思います。


これが、僕の恋愛経験で一番痛い経験だということは言うまでもないでしょう。
でもね、何かね、歯がゆさというか、心残りというか、本当にこれで良かったのかずっとわからなくて…






だからなのかなぁ…





僕の実家にあるアルバムには、僕とアムロ1号とその息子の三人で笑っている写真がまだそっと入ったままなのです。













21の恋 -ウンコ、地震とムスメ-














 ← オチがないぞ…    ← なんだよー!



スポンサーサイト
[2008.12.24(Wed) 00:00] 桃色吐息トラックバック(0) | コメントを書く(20) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

そうだね。 by ちゃき
コレは、R指定をしないと 妄想族の暴動が起こるよ。

つか、この時はおっきしたんだ?|ω・`)プッww

by コーヒールンバ@愛の戦士(謎)
>オチがないぞ・・・

①地震で落ち着かなかった→オチつかなかった
②無事飛行機で帰ってきた(落ちなかった)→オチなかった
というところですね。さすが!(笑)

しかし、過去があるから現在がある。
マメ子さんが最後の順番に来てくれたことを神に感謝しましょう。


ところで、アムロ『1号』・・・?
ということは、2号もいたとか・・・!?
リトリン先生の次回作を待て!(笑)


by ケロリーヌ
あらら、エロを期待したのにっ!!
い・じ・わ・る♡
アムロ2号は是非濡れ場シーンを!!
待ってます!!
あれ?毎日更新じゃないの?
新参者は分かりませぬ。
祝日もお休み?
お休みの間に、何か製造????←馬鹿なのでほっておいてくだちゃい。

ちゃき by リトルリンクびーびー
ええ、ちゃんと『おっき』しました。

まあ覚悟がありましたから!(何のだ…

愛の戦士ルンバ by リトルリンクコーヒー
>マメ子さんが最後の順番に来てくれたことを神に感謝しましょう。

これは喜んでいいとこですか?(ぇ

2号はねぇ…

どうだろうwww

ケロリーヌ by リトルリンクびーびー
ええ、2号がいたらそうします(笑)

毎日更新…

土日祝祭日は業者が休みなんで、材料が入荷しないんですよ~(謎)

by 音符ウナ
何ともせつない結末でしたTT
しかし、天災まで邪魔するなんて
何か神様が言っていたのかもしれません。
うん、そういうことにしておきましょう><

ありゃりゃ by ひとち
なんか別れ方が自然消滅と言えばそうだけど、なんだか寂しいなー。

by 門地
自信は無かったのに地震はあったんですね(・▽・)
いやんっ♪

いしまり総統 by 俺、ヒーハー!
濡れ場のない恋愛ブログなぞ、読む気はせん!!
って違いますか・・・・

ちぇっ!


21の恋 2 -ウンコ、地震とムスメ- 

2008年12月22日 ()
今日はなんだかどんよりした天気です。
さらに雨まで降ってきて、ちょっと肌寒くなって来ました。
今日はなんだかアンニュイなメンズです。リトルリンクです。


(未だにアンニュイってどういう意味かはっきりわかりません。誰かおしえてー!)




さて、今日も前回の話の続きです。
最初から読む人はコチラから♪




まあ、あまりの突然の告白でさすがにオイラもびっくりしたのですが、
アムロ1号の魔力 魅力に負けてしまい(動機が不純ってこういうことだと思います)
あっさり合鍵作って渡しました。

でも実際は同棲っていっても、こっちは三交代勤務だし、向こうは夜のお仕事。
アムロ1号はフライパンやら何やら買い揃えてきたものの、時間なんて合うわけもなく
調度時間があったときだけオイラの部屋に泊まりに来る生活でした。

子供は、二人の休みの合う日だけオイラのとこへ連れてきて一緒に遊んではいたものの、夜オイラの部屋に来るときは、当然自分の実家へ預けてて…

いやさ、オイラそれまで女の人と一緒に住んだことなんてないし、なんていうか、きちんとメリハリをつけないままのそういう生活ってなんだか変な感じがしてちょいとダメだったんだよね。

それと、色々とアムロ1号のことを知るたびにオイラがちょいと引いちゃって…
っていうのも、アムロ1号って19歳で未亡人だったんです。で、亡くなった旦那ってのも同い年。オイラはよその土地から来たから知らなかったんだけど、学校卒業後も地元の暴走族で二人でがんばってたみたい(笑)

で、それなりに有名みたいな。。

なので、アムロ1号は、答えは「YES」か「NO」どちらかしかない!一度決めたら絶対やりとげる!まがったことは大嫌い!って性格でした。

で、ある時無茶がたたって旦那さんは事故で亡くなっちゃったんだって。
亡くなったって言っても、オイラとアムロ1号が出会う半年前ぐらいの話で、保険の手続きやら何やらもまだ途中で、当然アムロ1号もまだ現役にほとんど近い状態。

休みの日に向こうの友だちとかからも当然電話が来たりするんだけど、みんな当然現役のゾッキーなわけですよ。そしてオイラはしがないサラリーマン。やっぱりなんとなくダメだったんですよねぇ… 見ている世界のヅレっていうかなんというか…

今考えると、ふがいないって思います、はい。

そして、一緒にいる間、そのダメさ加減は実は下半身まできっちり伝わってまして…
まぁその、アレですよアレ。起こしても起こしても子供って朝起きてくれないじゃないですか?
それと全く一緒なわけですよ、うんうん。(ぇ

ってなわけで、その中途半端な生活は半年近く続いたのですが、その間一回も…シテナイ。

当然、アムロ1号はそのあたりは不服だったみたいで(苦笑)、「ちゃんとシようよ!」とか何度か言われたんですけど、オイラがなかなか煮えきらないというかなんと言うか…

まあ、このときのことがあるので、その後のオイラは「据え膳は何がなんでも!」になったのかも知れませんがww

でもね、そんなアムロ1号ですけど、盆休みに一緒にオイラの実家へ行こうと飛行機のチケットをとっていたんです。二人分。健気っていうのか、一途っていうのか、速攻過ぎwっていうのかわかりませんが、そういうところにオイラが押されてたってのがホントのとこでしょうね。

で、やがてその盆休みがやって来ます。

今までは生活の時間のヅレや、すり合わせなければいけないお互いの過去なんかに邪魔されて、オイラ達二人はうまくいかなかったんですが、今回ばかりは違います。













誰にも邪魔されず、二人で過ごす時間はたっぷりとあったのです。














 ← 日記、せつなくなってるんですけど…


 ← このインポ野郎ー!



[2008.12.22(Mon) 00:00] 桃色吐息トラックバック(0) | コメントを書く(36) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

なるほど by みこ
リトリンも若かったのね(なんつうコメント)

ごめん。 by ちゃき
あたいは、13位の人のブログにかじりついちゃってるよ|ω・`)プッ

でも、ぽちは下から♪>誤変換だけどいっかーw

みこ by リトルリンクびーびー
オイラにだって色んな事情ってやつがあるんでつよ(笑)

ちゃき by リトルリンクびーびー
インポって言いたいんでつね、あーはいはい。

うん、13位良く読むように!(ぇ

by コーヒールンバ@携帯
『性生活の不一致』は離婚原因の第二位となるほど、重要なモノです。

あ、リトリンさんの『お宝』のサイズがどうとかなんて言うつもりはこれっぽっちもありませんから(笑)
早くイッて…いや続き書いてくださいね♪

by ケロリーヌ
うーん。
何が気に入ったんでしょうねぇ。
今までと違う世界の人?
長生きしそうな人?
13位のブログって何?
見にいこっと。←適当な奴

はじめまして by ミカ
初めてコメントさせていただきます。
父にこのブログを教えてもらい、楽しみにしながら見ていますw
応援しています。

どうも by あやか
はじめまして、
このサイトは文章が読みやすく、また内容が解り易くて良いですね。
宜しければ、相互リンクをして頂ければ嬉しいのですが・・・どうぞ御検討してくださいませ。

ぬふふふ by いしまり総統
やはり、真実過去モノが一番、オモロイ・・・
しかし、アムラーもどきから、
いつのまにかアムロ一号になっておるわい・・

by 西風
いや~素敵な日記でした

族の子って一部除くと結構一途な子多いですよね。

アメリカあたりだと性の不一致ちゅうのは
夫婦がきちんとカウンセリングとか受けちゃうんだけど
日本人ってそういうところ恥かしがりやだから難しいですよね
・・・ってナニ真面目なコメしてるんだろ???


21の恋 1 -ウンコ、地震とムスメ- 

2008年12月19日 ()
オイラの宿敵きっこサマが『エンジニアが好きなブロガーアイドル BEST10』で4位に選ばれたそうです。 なので、なんだかオイラも鼻が高い高い!(ぇ
[参照:きっこの日記 -目指せ!ブロガーアイドル-]

ちなみにきっこサマとは同い年 リトルリンクです♪




さて、今日は前回の話の続きです。






「今度、お昼にうちと会ってくれへん?」
「土曜日に、○○のところのお好み焼き屋で12時に待ってるから」



なんかね、前回の飲み会でのはしゃぎっぷりが相当気に入った(?)らしく
「突然そんなこと言われても」って感じもあったんだけど
僕はあんまり考えず、そのお好み焼き屋へ向うことにしたのです。

ちなみに、当時オイラは21、アムロ1号は19歳。
そしてそのアムロ1号、自慢じゃありませんがめっちゃ可愛いんです。
ほんと、何でオイラにご飯のお誘いをしちゃうの?って感じ。

飲みに行ったお客さんがホステスさんをご飯に誘うのならわかるけど
いきなり逆パターンでしたからねぇww



そして約束の土曜日、僕は自転車に乗ってそのお好み焼き屋へ向います。
時間より少し早くついたオイラは当然店の前でアムロ1号の到着を待ちます。


そこへ…


「ブゥーン!キキッ!」

ヤン車です。
っていうかそんなもんじゃない、いわゆる族車です。




まあでもオイラ向こうより年上の男ですから、ここでビビったりしちゃいけません。

「あ、こんちゃ♪」
「ごめ~ん、待った?」
「いや、今来たとこ」
「ほんなら、寒いし店入ろ」
「うん」



ちょろ







ちょろちょろ








ちょろちょろちょろちょろ







「こら、○○!ちょろちょろせんとちゃんと挨拶しなさい!」












「あ、ごめ~ん、これうちの子♪
うち、あんたが気にいってん☆
この子のパパになってくれへん?」






















え?


































えぇーっ!!





ちょ、ちょちょちょちょっと、なになになになに?!
オイラ今何て? オイラ今何て言われたの?
この子のパパになってって、え?
パパって、え? ええーっ!!





彼女の勤める店で話すこと2回、その時間およそ4~5時間
お好み焼き屋で待ち合わせすること1回、そして、まだ何玉食べるかも決めてない。







うん、早技である。

相手につけ入る隙も与えない華麗なる早技である。














さて、ここで問題です。
この華麗なる早技を決められた僕は、ここで一体何と答えたでしょうか?

正解は…








































僕の
生まれて初めての同棲生活は
こうして始まりました。
















 ← えーっ!  ← マジっすかww

[2008.12.19(Fri) 00:01] 桃色吐息トラックバック(0) | コメントを書く(36) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by コーヒールンバ@携帯
なんて安直な…早速飼われたなんて(笑)


その頃から尻に敷かれる体質だったのですね。
でもやっぱりマメ子さんは苦労を(笑)

なるほど! by みこ
そう言う展開だったか(≧∇≦)b

by ケロリーヌ
おおおおぉぉぉぉぅ。
オモシレー!!
そんな事が世の中には転がっているのか!!
衝撃の新事実!!
きっこもビックリ、しゃっくり!!
てか、本気で勝つつもりあるんですか?
目指せ打倒きっこ!!
ブログ界の王子様になるんだっ!!←何の気合い?

お! by いしまり総統
でも、同棲なのね。
男の器を感じたわよ!クックック・・・

そうきたか! by you-co
明日が楽しみな展開ですね~

さぁ、初めての同棲生活はバラ色だったんでしょうか?!

by 音符ウナ
な、なんだってー!Ω ΩΩ
いやいや、それは孔明の罠では…
早く!続きを早くですッ><

by ちゃき
なんて人生漫才万歳なお人…。

by fine_fancy
びっくりですっ><
しかしまあ、その、電光石火のごとくの早業っ☆
私も見習うもんがあるなあと思いました^o^(ぇ
この続きが気になります♪

そうそう、今、きっこさんのブログを見てみたら、
どうやら私もきっこさん、リトルリンクさんと同じ年みたい♪
ブロガーアイドル4位になられたきっこさん♪
アムロちゃん似美人☆に早業プロポーズを決められたリトルリンクさん♪
私も同い年のよしみで、ぜひぜひあやかりたいなあて、そんな風に思いました*^^*

by akebin
この続きが早く読みたいんですけどおおおおおおw

by ともたん
あれ?リトルさんも「さんぴんちゃん」の所
コメがあったような気がするけど見て無いかな?

やっぱり奥さんタイプの女性に縁があるのかね?
(>y<)_彡☆パンパン(爆)


【東京オフ】 -東京シティーは小悪魔がいっぱい- 5 

2008年12月02日 ()
前回からの続き、今回で完結です。

最初から読むかたは→コチラから♪
--------------------------------------------------------------------

見事にPさんの罠にはまり、大人から少年になったオイラは
その後Pさんを適当な場所まで送ったあと、仙台への帰路につきました。








帰り際、Pさんに聞いてみました。

「思い出の場所巡りさせたってことは、もしかして青春日記を書けってこと?」

そしたらPさん…












「そそw」だって♪














まぁ言われなくても書く気ではいましたがね!
(クヤシマギレ











で、仙台まで高速で帰ったわけですが(5時間半ぐらい)





なんかね、もうね…オイラ 






心の中を丸裸にされて、帰り道ずっーと、


ハーツ♪

なわけですよ。










なので、5時間ずっと↑コレ聞きっぱなしミタイナ。













しかし、そんなひとときも1本の電話で幕を閉じます。





















電話の音:「ぽっぽっ、ぺろ~」(着信音は [24 CTU内線音])



オイラ:「はい、こちらトニー・アルメイダ」



ハムオ:「ぱぱー? 夕方まで帰って来る?」(次男3歳)
(ハムオのやつ、オイラがいなくて淋しかったんだなw)


オイラ:「うん、夕方までには帰るよ♪」



ハムオ:「わかった。じゃね~」










(あれ?ソレだけ?!)













と、ここで電話の相手が変わる。










(嫁)
マメ子:「ちょっとあんた!もうご飯作るの面倒だから、途中で食べて帰って来てよね。ガチャ!」






電話の音:「ツーツーツー」





















そこで僕はこう思いました。













Pさんが小悪魔で、Cさんが悪魔だとすれば、




















マメ子は

悪魔女王だなw















【東京オフ】 -東京シティーは小悪魔がいっぱい-





 ← 大人の階段の~ぼる~♪


[2008.12.02(Tue) 00:00] 桃色吐息トラックバック(0) | コメントを書く(42) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

わかった by えむ
リトさんは悪魔好きって事ですね

by ちゃき
でも、そんな悪魔女王が大好きなんでしょ?|ω・`)プッ

えむ by リトルリンクびーびー
別にそういうわけじゃ…


身の回りに悪魔っ子が多いだけー!www

ちゃき by リトルリンクびーびー
天使のような人はいないもんでつかね、はぁ…(ぇ

by ポメハナ
私、天使みたいに優しいっていわれるけど?

ポメハナ by リトルリンクびーびー
へー(棒読み)

んじゃ、そういうことにしときまつか(ぇ

by ともたん
リトルリンびーびーさんは
ドMですかぁ~
悪魔を呼び寄せる
エクソシストか?
。゚( ゚^∀^゚)σ゚。ヶヶラヶラヶラ

by ゆず
コメントありがとうございました^^
アハハハハ
ゴメンなさい・・・・
笑っちゃいました^^;

3歳の子供さんがいらっしゃるんですね^^
うちの息子と同じ年齢だわ♪

ともたん by リトルリンクびーびー
ええ、最近良く言われます。

「ドMでしょ」って…

本人はそんなつもりはないそうですがwww




by akebin
で・・・
結局びーびーさんの周りは悪魔ばっかって事ですか~?_| ̄|○∠))バンバン


【東京オフ】 -東京シティーは小悪魔がいっぱい- 4 

2008年11月29日 ()
前回からの続きです。

最初から読むかたは→コチラから♪
--------------------------------------------------------------------


次の日の朝、前日に5時間も飲んだ割には、何故か4:30に目が覚めたオイラ。
(まぁこのあたりがもうおっさんという証明なんだろうけど)
もう一度眠ろうと思ったんですが、なかなか寝付けづに結局起きていました。
やがて、外も明るくなってきたようだったのでカーテンを開けて外を眺めてみました。






「東京ドームかぁ…」






実は今回泊まったホテルはオイラにとって非常に懐かしい場所でもあり苦い思い出の場所でもありました。

東京グリーンホテル 後楽園


あの日のオイラは、このホテルの地下にある居酒屋の厨房で洗い物のバイトくん。
そして、板前さんと喧嘩し、クビに近い状態でやめたのです。

「あれからもう17年…」

あのときは本当に悔しかった。
仙台から出てきて、友達も少なく、人の多さが嫌で、裏方の仕事として選んだ洗い物のバイト。とにかく好かれようと一生懸命皿洗いしたなぁ。

でもひょんなことから板前さんとうまくいかなくなって…
一緒に洗い物をしていたパートのおばちゃんとかは僕の味方をしてくれたのですが
やはり板前さんにはかないません。




そのホテルへお客さんとして僕が泊まっている。









僕は朝日に浮かぶ東京ドームへ向って叫びました。









「勝ったどーっ!」(ぇ








やがて、外も騒々しくなってきたので、朝飯でも食おうと1Fへ
仲間4人で宿泊していたようなOLさんと、エリートサラリーマンと思われる外人さん。
その間の席に座り、クロワッサンとコーヒー、それとスクランブルエッグを食べるオイラ。








僕はもう一度心の中で叫びました。




「勝ったどーっ!」(もういい…




食事のあと、以前バイトしていた店でも見に行こうかと、地下への階段へ向ったのですが

「…ふさがってる。」


階段自体がふさがれ、地下にはもう何もありません。
苦い思い出の場所とはいえ、なんだか月日の流れを感じざるを得ず
少し寂しい気分になりました。




今日の予定はビックサイトで行われる、年に一度のインテリアの祭典「JAPANTEX」へ行くことです。 開催日程の最終日だし、仙台へ帰らなければいけないので早めに身支度をすませました。





で、




前日に「明日は暇だ」ということで、何故かPさんも一緒に見に行くことになっていたので
また、待ち合わせ場所として選んだミーツポートへ。

10:00の待ち合わせで飲んだ次の日としては早い時間だったのですが、Pさんはちゃんと時間通りに来てくれました。

でも、このJAPANTEXって、業者向けの展示会なので、ビックサイトにいる間、Pさんはつまらなそうにしてましたけども(笑)

その後、時間もまだあったのでどうしようかということになり


そしたらPさん。

「リトリンの思い出の場所巡りでもしてみたら?」と。



実をいうと、今回の東京出張で、時間があれば以前住んでいた場所やバイトしたところとかを見てみたいと思っていたので(その理由で宿泊先も決めていた)オイラはPさんの言葉に甘え、そうすることにしました。

ビックサイトからまた首都高へ上がり、車は一路葛飾区方面へ



この東京という街は、高校卒業と同時にバンドを解散し、そのメンバーとは初めて別の道を歩み始めた街。そして、その現実に夢やぶれ、人生最初の挫折を味わった苦い思い出の街。




その記憶の場所へ向う。



初めて一人暮らしをしたマンション。



唐突にその姿は現れました。
なにせ、当時は車なんか持ってませんでしたから、だいたいの記憶で走ったら、いつの間にか目の前に着いていて(笑)

19歳のときの僕に少し出会えたような気がしました。



そして次はすぐ隣町の金町へ

そこは、東京を出る前に僕がバイトをしていた道路の白線を引く会社があった街でもあり、そのバイト先で出会い、東京で一番の友人となったナンちゃんが住んでいた街でもありました。

当時の記憶を思い出し、その記憶のみで車を走らせますが、なかなか見つかりません。


「もう無くなっちゃったのかなぁ…せっかく付き合ってもらったのにごめんなさい。」

とPさんに向って言い、半ばあきらめかけていた時。

住宅街の横道をのぞいた僕の前に、記憶通りの会社の建物が

○○ライン  その会社の名前です。

僕がバイトしていた頃と何もかわらないまま、その会社は今もちゃんとそこにあったのです。


そうなると、今度はナンちゃんの住んでいたアパートを探してみたくなり
横で少し飽き飽きしているPさんを尻目に(笑)僕は金町駅前に向かいました。







しかし…







金町駅前は当時の面影をほとんど残していなく、ナンちゃんが住んでいたアパートは、再開発でもされたのか、その建物も、周りの道路も、その区画割りさえ以前とは全然変わっていました。

そのアパートの近く、ナンちゃんが店員さんに一目ぼれして通いつめ、毎日お寿司を買っていたあのお寿司屋さんも、同じように影も形も見当たりません。





やはり17年という月日は確実に流れていて、オイラとナンちゃんがいたあの日の街並みは、もう過去の記憶でしか蘇ることはない。そう思いました。










でも、19歳のあの日、僕らは確実にそこにいたのです。



















⑤へ続く






 ← なんかせつない日記になってるんですけど
[2008.11.29(Sat) 23:27] 桃色吐息トラックバック(0) | コメントを書く(24) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by ポメハナ
つまらなそうにしてないよ。
掘りごたつが欲しくて、いいなぁ~ってずっと思ってただけ。しょんぼり。

あと、飽き飽きしてないよ。
テンション高いリトリンを見ながら、笑いをこらえるのに必死だっただけw

ポメハナ by リトルリンクびーびー
あぁ、そう言えばあのこたつを凝視してたもんねぇww


ってか、人のこと観察して笑ってたんかーっ!!

by ちゃき
語れる思い出話っていいねぇ~~ (*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン

ちゃき by リトルリンクびーびー
ある人の作戦にハマッたのでつ(ぇ

by コーヒールンバ

まわる~まわる~よ 時代はまわる~・・・


僕の本籍地もなくなっていました・・・orz
と、いうことで本籍を中洲に移そうかと(笑)


コーヒールンバ by リトルリンクびーびー
マジで?!

本籍なくなるって…淋しすぎる。

そういうことなら、まぁ中州でよいかと(ぇ

by masacuz
なんかのドラマを見ているような感じ♪
とても切なくなりました、、、、。
あの時の建物とかが、そのまま残っていると、
その時にタイムスリップした気分になるよね♪

masacuz by リトルリンクびーびー
今回はほんと懐かしい場所を巡り歩けました。

出張から帰って数日たったけど、未だにせつなさみたいなもんが抜けなくて(笑)

なんか色々考えちゃったよwww

こんばんは by sakura
思いで巡りいいですね!
私もやってみようかなぁ。。。
学生時代を思い出して?!

sakura by リトルリンクびーびー
なんかね、ノせられてというかなんというか(笑)

でも、こういうのって何かの気付きになるような気もしてます。

まぁ思い出しても遠い過去なんですけどねww


TOP | NEXT


スカウター : BB通信
Pagerank/ページランク

カレンダー

ブログランキング

プロフィール

RSSフィード

Blog MENU

QRコード

各種ブックマーク用

.

最新コメント

最新トラックバック

お願いします!

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。