週刊☆少年リトル - ティレル -
TOP > ティレル
 ← あぁ男と女。 | TOP | 【すごいぜ!JASRAC伝説】

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


COMMENT


ティレル 

2007年02月19日 ()
実はね、最近は全然見てないけど1990年代はオイラかなりのF1オタクなんですよ。Littlelinkです。



ってことで何故か語ります。


tyrrell
今日はティレルというチームについてです。
僕がF1にハマるきっかけは、このティレルと言うチームと中嶋悟によって作られました。1990年、ちょうどF1ブームが始まったぐらいの年で、流行りに乗るとかそういうわけではないのですが、僕も自然にこの年からF1を見始めたわけです。
 そんな中、EPSONがこの前年ぐらいからティレルのスポンサーについて、日本での知名度が格段に上がったこともあり中嶋悟&ティレルを応援していたのですが、何と言ってもF1に僕が惹かれて行った最大の原因が、この年のアメリカグランプリでしたね。

tyrrell019 当時ティレルは決して強いチームとは言えませんでしたが、ハーベイ・ポスルスウェイト 博士がデザインしたアンヘドラルウイング(当時は逆ガルウイングとかコルセアウイングとも言いました。)搭載のティレル019が若き天才ジャン・アレジによってこの年脚光を浴びたのは間違いありません。 だってあのセナを当時新人だったアレジが抜いていったんですからねぇ、しかも決してパワーがあるとは言えないティレル019で。このレースがあって各チームが一斉にアンヘドラルウイングの開発を始めましたしね。F1マシンが現在のようなハイノーズになったのもこのマシンの活躍があったからこそです。結局このレースでは、アレジ2位、中嶋6位でフィニッシュ。ティレルにしてみれば「してやったり!」のレースでしたね(笑)(リザルト


tyrrell020 翌年このティレルは非力なフォードコスワースV8エンジンをやめ、ハイパワーのHONDAV10エンジンを搭載したティレル020で勝負に出ます。ドライバーもフェラーリに移籍したアレジの代わりにステファノ・モデナを加え、中嶋&モデナ&アンヘドラルウイング&ホンダ&新ビッグスポンサーのブラウン(髭剃りのね)でTOPチームへの躍進を図ります。しかし、結果は期待を大きく裏切るものでした。非力だが軽いコスワースエンジンに比べ、パワーがあるものの重いHONDAV10エンジンにシャシーバランスが大きく崩れ、アンヘドラルウイングの有益性が奪われてしまった結果だったのでしょう。この年にグランプリに参戦したピレリタイヤの戦闘力不足も否めませんでしたね。そして、中嶋悟もこの年でF1ドライバーを引退。僕にとっては非常に名残り惜しい1年でした。


 そして翌92年。前年度各個たる成績を残せなかったティレルはHONDAエンジンにもさよならを告げ、さほど戦闘力の無いイルモアV10を、型落ちのティレル020に搭載しグランプリを戦います。ところが、皮肉なことにこのイルモアV10が功を奏します。パワーは無かったものの小型で軽量なこのエンジンが前年度シャシーバランスに悩んだティレル020に軽快な走りを与え、アンドレア・デ・チェザリスとオリビエ・グルイヤールというベテランドライバーの力もあり、スポンサーも少ないチームに8ポイントをもたらすのです。こういうところもティレルというチームの魅力の一つでしたね。(苦笑)


 そして迎えた93年。財政難はまだティレルチームを苦しめていましたが、ラルースから移籍してきた片山右京の存在がこのチームを光らせました。片山の存在によってヤマハV10エンジンを獲得するのです。これによってワークスエンジンチームとなり、このまま輝きを取り戻すかのように思えましたが、残念ながらヤマハV10エンジンはF1ではまだまだ戦闘力不足で、開幕からニューマシンを出せずに020Cという、もはや型落ちしていたシャーシも戦闘力を大きく下げていました。10戦目から投入されたティレル021も大した戦闘力を発揮出来ず、結果は良いものではありませんでした。


tyrrell022 しかし94年、ティレルはまた思わぬところで輝きを取り戻します。この年レギュレーションが改正され、ハイテクも禁止になり、車体にもステップボトムが義務付けられました。突然変わったレギュレーション改正のため、開発が進んだ状態のニューマシンの底辺にステップボトムを無理矢理導入した形になったので、各チームの戦闘力が大きく狂ったのです。これにうまくあやかったのがティレル022でした。2年目のジョイントとなったヤマハV10エンジンとティレルはより熟成を深め、軽快さに加えある程度のスピードも発揮することが出来る車に仕上がっていたのです。そこへこのレギュレーション改正による他チームの混乱。結果的には、ドイツとハンガリーグランプリで、片山右京を予選5位に押し上げるというとてつもない快挙を成し遂げることになるのです。しかもレース中暫定ではありますが、一時トップも走るという(笑) 同僚のマーク・ブランデルがヤマハエンジンに3位表彰台をももたらしました。ティレルにとっては非常に良い年でしたが、このシーズンはセナやローランド・ラッツェンバーガーがレース中に事故死するというF1界にとっては非常に良くない年でした。



tyrrell023 そして迎えた95年。前年度獲得ポイントこそ少なかったものの、予選結果も良く、速いマシンの印象を与えたティレルチームは、NOKIAという大口スポンサーの獲得に成功します。3年目のジョイントとなるヤマハエンジン、ドライバーは片山右京に新鋭のミカ・サロ。悪いシーズンでは無いように思われたのですが… 各チーム2年目となるステップボトムを研究し、前年度のような混乱がおきなかったんですね。結果ティレルは順当とも言える成績しか残せず。この辺りも本当にティレルらしいというかなんというか。本当に愛らしいチームでした(笑)



 ティレルチームは、この後衰退の一歩をたどり98年に高木 虎之介が乗る頃には常にグリッドの最後尾を走る弱小チームとなって行きます。そしてこの年、BAR(現HONDA)によってチームは買収されティレルの名はF1界から姿を消すことになるのです。



ken tyrrell このティレルと言うチームは、こういったダークホース的なレース展開もさることながら、オーナーであるケン・ティレルの存在も非常に大きいものだったと思います。あのケン・ティレルスマイル見たさにF1を見ていた人も多いのではないでしょうか?かのジャッキースチュワートを見いだし、他にもアレジやカペリのような新人発掘もとても上手な人でしたね。2001年に亡くなったときは僕も本当に悲しくなりましたよ。彼の死にをきっかけにF1を見なくなったのも正直事実ですね。




さぁ、今年のF1ももうすぐ開幕です。今年は一体どんなドラマが待っているのでしょうか?今年は久々に僕も見てみようと思っているんですよ。




 ← この日記はタメになった。

  ← いや別に…





1/20 ブラウン ティレル ホンダ 020
1,103円 (税込) 送料別


スポンサーサイト
[2007.02.19(Mon) 19:52] F1トラックバック(1) | コメントを書く(6)
↑TOPへ


COMMENT

by オレンジ
今も「セナ」の亡くなった時のビデオを持っている私。
F1は夜中にやっていたから、いつも録画していたの。

オレンジ by リトルリンクびーびー
マージーでっつ!!!!

あのほとんどの時間が、今宮さんの泣き声のやつww

オイラ引越し繰り返してるうちに無くしちゃったんだよね…

「ダビングして欲しい」って言っていいですか?ww

by オレンジ
DVDにだったらダビングできるよ~♪
ビデオこの前オークションに出しちゃったもんで。(笑)

オレンジ by リトルリンクびーびー
んじゃDVDでオネガイシマス♪(ぇ

by オレンジ
ダビング終了!明後日か明々後日には着くかも?(笑)

オレンジ by リトルリンクびーびー
わわわ!ありがたうっ!www


 ← あぁ男と女。 | TOP | 【すごいぜ!JASRAC伝説】

COMMENT

今も「セナ」の亡くなった時のビデオを持っている私。
F1は夜中にやっていたから、いつも録画していたの。
[ 2007.02.19(Mon) 21:26] URL | オレンジ #L8AeYI2M | EDIT |

マージーでっつ!!!!

あのほとんどの時間が、今宮さんの泣き声のやつww

オイラ引越し繰り返してるうちに無くしちゃったんだよね…

「ダビングして欲しい」って言っていいですか?ww
[ 2007.02.19(Mon) 21:30] URL | リトルリンクびーびー #- | EDIT |

DVDにだったらダビングできるよ~♪
ビデオこの前オークションに出しちゃったもんで。(笑)
[ 2007.02.19(Mon) 21:53] URL | オレンジ #L8AeYI2M | EDIT |

んじゃDVDでオネガイシマス♪(ぇ
[ 2007.02.19(Mon) 22:05] URL | リトルリンクびーびー #- | EDIT |

ダビング終了!明後日か明々後日には着くかも?(笑)
[ 2007.02.20(Tue) 17:00] URL | オレンジ #L8AeYI2M | EDIT |

わわわ!ありがたうっ!www
[ 2007.02.20(Tue) 19:58] URL | リトルリンクびーびー #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://littlelink.blog35.fc2.com/tb.php/54-0fedf692

 F1
F1F1(エフ・ワン)* Formula 1:モータースポーツ|自動車レースのカテゴリーの1つ ⇒ フォーミュラ1 FNN系での中継番組、F1グランプリ* マクラーレン F1 - マクラーレンが製造した自動車* 遺伝学において雑種第1代のこと。* マーケティングにおいて20
[ 2007.03.01(Thu) 04:07 ] ひなのblog
 ← あぁ男と女。 | TOP | 【すごいぜ!JASRAC伝説】

スカウター : BB通信
Pagerank/ページランク

カレンダー

ブログランキング

プロフィール

RSSフィード

Blog MENU

QRコード

各種ブックマーク用

.

最新コメント

最新トラックバック

お願いします!

全記事表示リンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。